2014年02月20日

雪中駆犬


雪ふったらイヌは庭かけずりまわりよるし
ネコはコタツで丸ぅなりやがる。
童謡にこんなんありますが、
助手のトトはイヌのくせしてさぶがりです。
冬の朝はいつまでも布団の中で丸ぅなってやがる。
”雪やこんこ”の歌はウソなんか?

まぁそない思ってましたら
この冬は珍しいことに大阪でもけっこう雪ふりまして、
当店のビルの屋上もまっしろけ。
雪だるま作れまっせ。

で、生ぬる〜い根性たたきなおしたろおもて
トトを連れ出したわけですが、
積もった雪がバッチリはまりやがった。
そらもうはしゃぐはしゃぐ。
”雪やこんこ”はどうやらほんまらしい。
「あの〜…トト子さん、さぶいさかいはよ帰りませんか?」
生ぬる〜い根性は私のようで…。



EMILIANO


posted by Master at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記