2016年07月27日

英蘭日記 2

7月12日 夜

IMG_0106.jpg

およそ1時間でヒコーキはロンドン上空。
今回の目的地はロンドン。
フランスとの時差はマイナス1時間やさかい、
午後10時前。
左側にトゥイッケナムが見えてきよったら
もうすぐ着陸。

IMG_0108.jpg

ヒースロー空港てほんまデカい空港でして
ターミナルが5つもありやがる。
1〜3はほぼ引っ付いてまして、なんか知らんけど便利です。
5は英国航空専用で、これまた便利です。
で、エールフランスは1個だけ仲間はずれのような
へんぴなとこにあるターミナル4に到着しよる。
そんなとこにあるから123と5は地下鉄も国鉄も
一発で市内まで行けんのに
4は空港内で乗り換えなあかんらしい。
めんどくさいやっちゃ。


あ〜着いた着いた。入国審査やで。
何回来てもヒースローの入国審査はヤなもんです。
やれアレ出せコレだせ。どこ泊まんねん?などなどなど。
一人ずつそないなこと聞いていくさかいに
審査待ちの人らが長蛇の列ですわ。
長蛇の列てどれくらいやねんと思うでしょうが、
ほんまに大行列。

ヒコーキ降りて、あぁここやここやと列に並んだのが
午後10時すぎ。
チンタラチンタラとしか進みよらん。
まぁええか…。
11時。チンタラチンタラとしか進みよらん。
まぁええか…。
11時半。いきなり進みだしよった。なんでや?

おそらく…
地下鉄もバスも国鉄も、
夜中の12時までには終電が出てまうからとみた。
ってゆうか、このとき調べて終電時間を知った。
なんか審査官、ポンポン判押してはる。
最初っからやっとけよ!

明らかにスピードアップした入国審査のおかげで、
私の番がきたときは12時10分前。
ひょっとしたら電車間に合うかも…。

まぁ、ロンドンの空港がそんな甘いわけもなく、
荷物のターンテーブルは既に停止。
いつまでもグルグル回ってたんでしょうね。
荷物、端っこのほうに集められてましたわ。
ここから取ってけって感じで。

で、とりあえず急いで駅まで行ったんですが、
駅員さん「今日はおしまい。朝の5時まで待ってね」
待てるかいっ!

とぼとぼ歩いてタクシー乗り場へ。
「へ〜イ、タクシー乗るかい?」
夜中の12時すぎにえらい明るい運転手さんやなぁ。
「パディントン駅までお願いします…」

結局15分ほどの差でパディントン駅までの直行列車に乗れず、
地下鉄にもバスにも乗れず、
タクシーに乗るはめに。
あぁ、あのディレイがなかったら…。

まぁ、でもロンドンタクシー初体験で、
ちょっとワクワクしたのも事実。
パディントン駅すぐ近くのホテルまで
すっ飛ばしてもろたんです。
おかげで、夜中の1時には部屋に入ることができ、
倒れこむように寝たような…。

EMILIANO
posted by Master at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176241670

この記事へのトラックバック