2016年07月29日

英蘭日記 6

7月15日(金)

IMG_0147.jpg

フルイングリッシュブレックファスト…
かと思いきや、
コーニッシュブレックファストゆうらしい。
コーンウォール地方のモンをコーニッシュゆうらしいんやけど、
フツーのイングリッシュブレックファストと何がちゃうねん?
私にはわかりません。

食べ終わったらさっさとチェックアウトです。
なんせあの島まで行かなあかんし。
駅前のバスターミナルでどのバス乗ったらええか調べてですねぇ、ふと思た。
たとえ一泊分でも荷物重いやん。
ほんならね、あるんですわ、荷物預かってくれるとこ。
駅とかとちゃいますよ、そのへんのパブですわ。
駅員さんに聞いたら、「あそこのパブで預かってくれるよ」
フツーはあんたとこが預かるもんやで。
まぁええけど、3ポンドで預かってもろて楽チンです。

L1000747.jpg

バスに乗って15分ほど。
”セント マイケルズ マウント”
フランスの”モン サン ミシェル”みたいなもん。
名前もおんなじやし。

陸から一本道が島まで伸びてまして、
こいつがめんどくさいことに潮の満ち干きで現れたり沈んだり。
私が着いたときは幸運にも干潮のときでして、
一本道を渡ったった。
ゆうても潮が満ちてく途中で、丁度まんなかあたりで
「おいおい、靴ぬがなあかんやん」
まぁ、決死の覚悟でバチャバチャバチャと靴はいたまんま渡りましたけど。
で、ゆうてる間にこないなります。

IMG_0164.jpg

この島、なにがあんねんゆうたら、
教会と庭園と、その他ぼちぼち。

L1000784.jpg

なんかハートのカタチした石があるとかで
人がたむろしてたんですが、ちっちゃ。
確かにハートの石やけど、親指サイズのハートに
人が群がってやがる。
よぉ聞いてたら日本語聞こえてきましたわ。
「ハートだよ。次は私達のハートをさがしましょ」
誰やそんなこっ恥ずかしいことゆうてんのは。
美熟女3人組やったさかいええねんけど
目の前にハートがおるやんけ。

教会と庭園と、石造りの城塞のこの島。
モンサンミッシェルみたいにオムレツ食わなあかんとか
そんなんもあらへんけど、
ぷちモンサンミッシェル気分味わうにはなかなかのもんでした。
そろそろ帰ろ、船で。


預けてた荷物取りにパブに行ったんですが、
ふとメニューに目ぇやったら、
”CATCH TODAY FISH"
魚料理か…食いたい。
イモ、マメ、揚げもん、もしくはコッテコテ。
そろそろ魚のグリルとか、
塩焼きなんかサイコーおもてたら、

IMG_0184.jpg

これ、あの〜…フィッシュ&チップスゆうやつ…?
確かに今日とれた魚かもしれんけど、
おんなじメニューにフィッシュ&チップスも書いたぁんねんけど、なにがちゃうんやろ…?
ってか、
”とれたれフィッシュ&チップス”て書いとけっちゅうねん。
まぁええけど、ササッと食うて
またもや5時間半のなが〜い鉄道旅でロンドンに帰るのでした。
はぁ…イモ、マメ、揚げもん…

EMILIANO
posted by Master at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176269904

この記事へのトラックバック