2015年05月22日

STELLA ARTOIS

L1000337.jpg

あっついなぁ〜
ってことで、
カパッカパいけるビールが恋しくて。

最近はやりのクラフトビールもうまいんですが、
まったりしてたり、
あるいは爽快でもホップ利いてたり。
どうも私、後味ホップゆうのんが苦手でして。
こないだイ・ギ・リ・スゆうとこ行ったときも
ホッピーなもんより
後味マイルドなもんばっかり飲んでたような。

それでも「やっぱり飲んどかなあかんわぁ」的な
ばりばりホッピーなクラフトビール飲んだあと、
随分と助けられたビールがコレ。
ステラ アルトワ。

けっこうな頻度で飲んでたんですが、
たいていのパブにおいたぁるベルギーラガー。
それもそのはず、世界中のビール会社傘下に持ってやがる
ビール界の大親分。

ホップで疲れた舌がたいへんお世話になったんで、
いっちょ樽詰やったろかいなと。
まぁ…そんなとき
フツーは水やろ。

EMILIANO
posted by Master at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | taproom

2015年05月18日

カンベルトンの赤いヤツ

L1000336.jpg

私が弱い、限定品。
赤〜いスプリングバンク。17年。

なんかの本で読んだことありますが
朝の連ドラで一躍有名人になってしもた、あの竹鶴さん。
彼がスコットランドにいてるときに
住んではった町のひとつがカンベルトン。
そのカンベルトンからやってきたのがこいつだぜ。

まぁ、今ではいっちょまえに私なんかでも
”キャンベルタウン”とかゆうてますが、
当時の竹鶴さんには
”カンベルトン”にしか聞こえんかったんでしょうなぁ。
実は私、今でもそない聞こえますけど。

EMILIANO
posted by Master at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | taproom

2015年04月23日

UK日記 7

IMG_0362.jpg

今回は…ってゆうより今回も酒場巡りの英国でした。
どこのパブでも、こんな感じで
ひとりでちびちびやってるおっちゃんがいてはりまして
どこの国でも一緒やなと。

IMG_0371.jpg

ロンドンの街角ですが
そのへん歩くだけで
こんな重厚な建てもんに巡りあいます。

IMG_0385.jpg

信号ひとつとっても
けっして無機質なもんやなく
なんとなく惹きつけるもんがあったりするわけで

IMG_0387.jpg

いまだに旧式のダブルデッカーが走り回ってやがる。
そしてこんなパフォーマーたちも。
踊る弦楽四重奏。



そんなオシャレな英国でも
朝からこんなん食うのはどないやねん?

IMG_0358.jpg

まさか日本人的には
英国人が毎朝こんなん食べてるとは思えんのですが
パンにポテト、ソーセージにベーコンにブラックプディング
タマゴに豆にマッシュルームとトマト。
正直ゆうて、二日が限界でして、
その後の朝食はスーパーでこぉてきた
野菜サラダと生ハム&パン。
これで十分!
なんせ昼にはパブめし食いに行かなあかんので。

IMG_0408.jpg

伝統的なステーキ&エールパイ。
中身はこんな感じ。

IMG_0410.jpg

ビーフシチューみたいな感じ。
付け合わせのイモが
もうちょっと少なかったらサイコーです。
当分イモは見たない気分。

さてと、
そろそろ帰って仕事せな。
最後にロンドンラガーなる地ビールを。

IMG_0411.jpg

4月24日から営業再開します。



EMILIANO
posted by Master at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2015年04月22日

UK日記 6

IMG_0388.jpg

今日はロンドンを離れ、
ミッドランド地方のビール巡り。
ロンドンから2時間ぐらいってとこ。
朝のセントパンクラス駅には
こんな八百屋さんまで店だしてはります。

さておき、
私が向かうのはBURTON ON TRENT 。
過去に何度か訪れてる町で
当店でも扱ってるBASS PALE ALE の本拠地。
そやけども、近年のビール業界再編の波で
BASS社ものみこまれてしもて、
今やこの町、アメリカのCOORS社関連の看板だらけ。

L1000313.jpg

それでも、
この町のNATIONAL BREWERY CENTRE 内のパブでは
ハンドポンプでくみ上げるBASSを出してはりまして、
これがまたうまい。
ウチのBASSとは別もんです。

L1000308.jpg

このNATIONAL BREWERY CENTRE
もともとはBASS MUSEUM ゆうて、
そのまんまBASSの博物館やったとこ。
で、今でもBASSの博物館をかねてます。
入場券こぉたらビール1パイント飲める特典つき。
ちなみにパブの中はこんな感じ。

L1000311.jpg

天気がよければこんなんもアリ。

L1000321.jpg

かつて醸造の一大拠点やったこの町も
えらい廃れてきてるみたいで、
つぶれたパブやら廃墟になった建物がちらほらありますが
煉瓦でできた建物は、
なんかあったかみがあって私はこの町が大好きです。

L1000322.jpg

まぁ、こんだけでおわってたらビール巡りにならんので
ここから列車で小一時間。
COSERYってゆうとこ目指します。
イングランドの地方都市の住宅地って感じのとこ。
住宅地やのに無人駅。
ええのん?って思うんですが、まぁ歩きます。
ひたすら歩きます。
これまた小一時間歩くと、

L1000323.jpg

BEACON HOTEL ってゆうパブ。
ホテルって名乗るパブ。
かつてホテルやったんかもしれんけど、
今は醸造所パブです。
店の裏手で造ってはる。

L1000328.jpg

店内はいくつかの小部屋にわかれてて、
もちろんウロウロしてOK。

L1000330.jpg

なんでわざわざ一時間もかけて歩いてくんねん?
おそらく地元の人はそない思うんでしょうが、
そんだけなんもない町。

L1000325.JPG

それでもここの醸造所、SARAH HUGHES BREWERY の
DARK RUBY MILD はホンマに絶品なんです。
往復二時間歩く価値アリ、と個人的には思います。
たま〜に、こんな光景みれるかもしれんし。

IMG_0390.jpg

住宅街で馬車…お迎え?

EMILIANO
posted by Master at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2015年04月21日

UK日記 5

L1000266.jpg

朝からこんな天気でも
ロンドンまで来れば

L1000273.jpg

トラファルガースクエアでは
ネルソン提督もご満悦。

L1000275.jpg

ビッグベンの鐘が鳴り

L1000287.jpg

タワーブリッジの下を船が行き交います。

L1000289.jpg

セントポール寺院の前は
鳩と人がわんさかですが、
別に私、ロンドン観光してた訳でなく
由緒正しい酒場めぐりなど。

L1000284.jpg

THE STAR TAVERN
大使館街の裏手にあるんですが
地元のじいさんたちが昼間っから呑んではる。
なんか古めかしい絵やら写真やらが
ようさん飾ってありました。

L1000283.jpg

ロンドンシティのど真ん中にある
YE OLDE CHESHIRE CHEESE
1667年からやってはるそうでして、
入口に歴代国王の名前がズラッと書いたぁる。

L1000295.jpg

夕方には
アッとゆう間にビジネスマンでいっぱい。
なんやらおいしそうなもんたのんではったから私も。

L1000297.jpg

とにかくこっちきてから
イモイモイモ。
イモだらけです。
明らかに量がおかしいやろ!ってゆうぐらい
テンコ盛りのイモ。
こんな食生活しとったらアカンわってことで
仕上げの一杯。

L1000306.jpg

CITY OF YORK
ここも相当古そうです。
えっらい高い天井で開放感あります。
カウンターの天井の上に
なんやら桶の親分みたいなやつがデ〜ンとおかれてまして
アレ落ちてきたら大変やなぁ。

L1000304.jpg

EMILIANO
posted by Master at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2015年04月19日

UK日記 4

L1000228.jpg

朝のエジンバラ駅。
立派な待合室です。
ここから列車と船を乗り継いで
ヒルトップゆうとこに行きます。
当然ビール飲みに行くわけですが
とりあえず宿。
B&Bがとれたんでよかったよかった。
あんまり知らんかってんけど、
有名な観光地やそうで、
週末は宿とりにくいみたいです。

L1000235.jpg

で、ここから歩いて3分。
この村…いや、集落…
とにかく一軒しかないパブ。

L1000240.jpg

ちなみに店のお向かいはひつじさんの親子連れが。

L1000250.jpg

さておき、店員さんがゆうには
「これはアカン。旨ない。やめとけ」
ってゆうやつ以外のビール頼んだろ。

L1000237.jpg

"ホークスヘッドブルワリー"のそれは
なんとも爽やかな感じ。
味の濃ゆいホップのきいたやつやのぉて、
軽ぅてかぱっかぱいけます。
で、もう一杯。

L1000236.jpg

味の濃そうな色は見かけだおしで
さっきのんよりまだ軽い。
さらにかぱっかぱいけます。

L1000239.jpg

陽も暮れてきてハラも減ったし晩メシも頼んだろ。
ラムのグリル。
お向かいさんの…?

EMILIANO
posted by Master at 06:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記

UK日記 3

L1000179.jpg

驚くのんが、
パブのお客さんが
平気でワンちゃんつれてきてはること。
それが出会ったワンちゃんがみんなお利口さん。
ウチのトト子とえらい違いでして、
おとなし〜くおすわりして待ってやがる。
で、時折こちらをチラチラしてきよるんで
パシャッ。
しっかりカメラ目線。

L1000182.jpg

エジンバラの中心部には
石投げたら当たるんちゃうかっちゅうぐらい
ようさんのパブがありますねんけど、
前回エジンバラに来たときに思ったこと。
個人的には街外れとか
住宅街にあるパブってメシうまいなぁ。

L1000214.jpg

豪華ディナーでも食うたろかと思い
テクテク歩いてたどり着いた住宅街のパブ。
やっぱり日本人はラガービール。
スコッチラガーっちゅうたら"テネンツ"
まぁ、たりるわけもなく
地元のオススメエールにあわせて
サーロインステーキサンド。
ビフテキって、サンドイッチにするもんなんや。

L1000224.jpg

地元の人たちで賑わうお店って
入りにくそうな雰囲気あるけど、
入ってしもたら
わりと居心地よかったりするもんですわ。

L1000226.jpg

EMILIANO
posted by Master at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2015年04月18日

UK日記 2

L1000152.jpg

さぶっ!と思って目ざめると、
はく息白いほどの寒さ。
そやのに窓から外眺めてたら、
半袖のTシャツのにぃちゃんがけっこうおりまして
ちょっとおかしいんちゃう?

L1000161.jpg

さぶいうえに、昨日のアルコール抜ことおもて、
今日は丘のぼりに挑戦。

L1000167.jpg

小高い丘なんですが
上まで登ったらかなり見晴らし良し。
そやけどこの断崖絶壁は
ほんまに○の穴ちぢむ思いですわ。

L1000168.jpg

で、朝からええ運動したからには
とーぜんこないなるわけでして…

L1000175.jpg

デュカーズIPAにハギスとフィッシュケーキ。
フィッシュケーキって…コロッケやん。

L1000177.jpg

EMILIANO
posted by Master at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2015年04月17日

UK日記 1

IMG_0353.jpg

こんなん食うてるうちにひとまず到着。

IMG_0355.jpg

ロンドンです。
ヒースロー空港。
ヒコーキが早めに着きまして、
乗り継ぎ便まで3時間。
ちょっとゆっくりできるかと思いきや、
入国審査とセキュリティーが厳重で厳重で。
結局ビール1杯分の時間しか残ってませんわ。

L1000144.jpg

で、今日の目的地はココ。
10年ぶりのスコットランドはエジンバラ。
目的はっちゅうたら、そら飲むことです。

L1000145.jpg

家でてからすでに24時間以上。
枕かわったら寝られへん、なんとも神経質な私が
ヒコーキで熟睡できるわけもなく、
そろそろホンマにおねむです。

L1000146.jpg

EMILIANO
posted by Master at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記

2015年04月16日

思い立ちまして

IMG_0349.jpg

伊丹空港。
ちょっくら出かけてこよかと思いまして。
数日お休みちょーだいします。

EMILIANO
posted by Master at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記